沖縄でリノベーション・木造新築住宅のことなら

お気軽にご相談・お問い合わせください! 098-870-0595 【受付】9:00~18:00 【定休】日曜日

ブログ


戸建て木造住宅のメリットが知りたい!気になる耐火・耐震性や防音性は?

メリットがありそうな木造住宅

 

日本における一戸建ての住宅構造は、木造が主流です。しかし、「木造住宅は、鉄骨や鉄筋コンクリート構造に比べて寿命や性能の面で劣る」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?そこでこの記事では、木造一戸建てのメリットやデメリットについてわかりやすくご紹介します。

この記事を読むための時間:3分

木造住宅の定義とは?

日本における一戸建ての住宅構造としては、木造住宅が主流となっています。「木造住宅」の定義は、「柱や梁といった家の強度を支える構造材に木材が使用されている家」。ただ、建築技術が進んだ現在では、不燃材や金属部品と組み合わせることによって耐火性や強度を高めるケースもあり、木造住宅のカテゴリー分けが曖昧になってきていると言えます。

木造住宅の工法

木造住宅の代表的な工法としては、在来工法と呼ばれる伝統的な「木造軸組工法」や、アメリカで開発された「ツーバイフォー(2×4)工法」が挙げられます。

木造軸組工法(在来工法)

木造軸組工法は在来工法とも呼ばれ、柱や梁を組み合わせた枠組みに屋根や壁を取り付ける、伝統的な建築方法のことです。軸組で支える仕組みなので壁を取り付ける場所に制限がなく、さまざまな間取りに対応できるという特徴があります。

ツーバイフォー(2×4)工法

ツーバイフォー(2×4)工法は、床や壁といった面で建物を支える仕組みの建築方法。建築基準法上は「枠組壁工法」と呼ばれます。主な構造材に約2インチ×約4インチ(2×4)材を使用するのが特徴で、在来工法に比べて間取りの自由度は低くなります。メリットとしては、耐震性が高いことや、規格化されていることにより短期間で建てられることなどが挙げられます。

木造住宅に使用される木の種類

木造住宅を建てるにあたって、どんな木材を使用するかも重要なポイントです。主に使われる木の種類は以下の通り。

土台となる部材に使われる木の種類

・ヒノキ…高い強度や耐久性を持つ。コストがかかる。

・ケヤキ…耐久性に優れているが硬くて扱いにくい。

・杉…強度はヒノキに劣るが価格が安い。湿気やシロアリに強い。

建物内部や家具などに使われる木の種類

・ウォールナット…深みのある濃い色合い、表情豊かな木目が人気。

・ブナ…加工性や接着性が良く、衝撃にも強い。

・アカマツ…加工性・耐水性に優れている。

・ミズナラ…はっきりした木目と親しみやすい色が人気。

木造住宅のメリット

木造住宅のメリットは以下の3つが挙げられます。

建築コストが抑えられる

木造住宅は、鉄骨構造や鉄筋コンクリート造に比べて建築コストが抑えられるというメリットがあります。価格が抑えられる理由としては、材料費が安いことが挙げられます。ただし、建築方法や使用する木の種類によっては高額になる場合もあるので、見積もりを取りながら進めていくことが大切。

設計の自由度が高くリフォームしやすい

在来木造の場合、部材単位でのオーダーメイドになるため設計の自由度が高いというメリットがあります。ただし、ハウスメーカーの企画商品の場合は融通がきかないことが多いので注意が必要。また、木材は鉄骨に比べて加工がしやすいため、リフォームしやすいという利点もあります。

耐火性に優れている

木造住宅は耐火性に優れているという利点もあります。木は燃えやすいというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、実は建築に使われる太い木材は熱伝導率が低く、木の内部まで燃えるのに時間がかかります。そのため、万が一火災などで木材が燃えても構造体の中心は残り、家の原型が保たれることが多いのです。

木造住宅のデメリット

木造住宅にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。木造住宅のデメリットは以下の3つ。

他の工法に比べて耐震性が劣る

木造住宅は、鉄骨構造や鉄筋コンクリート造に比べて耐震性が低い傾向にあります。ですが、これはあくまでも素材としての強度の差であり、木造でも十分な耐震性を備えることが可能なので、心配することはありません

防音性が低い

木造住宅は、木材が持つ性質の特徴である遮音性能の低さがデメリットの一つ。近くに大きな道路や線路などがある、楽器演奏をしたいなどの場合は、防音対策を考えておくといいでしょう。

適切な手入れをしなければ耐用年数が短くなる場合がある

素材の持つ耐用年数としては、鉄骨系に比べると木造住宅の方が短いと言われています。しかし、適切な手入れやメンテナンスを行うことで、寿命を伸ばすことが可能です。

特徴を知った上で最適な家づくりを

木造住宅には、鉄骨構造や鉄筋コンクリート造の住宅よりも優れている点もあれば、劣る点もあります。ですが、現在は建築技術が進み、デメリットを克服する技術も開発されています。これからマイホームの建築を検討されている方は、木造住宅の特徴を踏まえた上で、工法や素材を検討してみてくださいね。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社ARCHISS. All rights Reserved.