うるま市のリフォームならお任せください。

お気軽にご相談・お問い合わせください! 098-870-0595 【受付】9:00~18:00 【定休】日曜日

お客様の想いをカタチに

設計・施工・アフターサービスまで
トータルでサポートいたします!

新着情報

MORE

うるま市でリノベーション・木造新築住宅をお考えなら
設計・施工・アフターサービスまでトータルサポートのアーキスへ


家族みんなが安心して住める家づくりをご提案いたします!

沖縄で木造新築住宅・リノベーションのご依頼なら【株式会社ARCHISS(アーキス)】

「お客様の想いをカタチに」をコンセプトに、2015年に浦添市で創業したアーキスでは、建築を通して、人・地域・社会が満足できる物づくりをご提供しております。
木造新築住宅からリフォーム・リノベーションまで、地元密着ならではの沖縄の風土に合わせた家づくりで、住宅性能を保ちつつ、シンプルでスタイリッシュな使い勝手のいいデザイン住宅をご提案いたします。
家づくりの事ならお気軽にご相談ください。

アーキスの家づくりのこだわり

  • 本土と違う気候にあった家づくり

    沖縄ならではの台風・シロアリ対策も万全

    1
  • お客様と一緒に家づくり

    小さな疑問や不安も親身になって解決します

    2
  • 安心して住める家づくり

    保証・アフターも充実。完成後も安心して暮らせます。

    3

施工事例の紹介

一覧を見る
お気軽にご相談・お問い合わせください! 098-870-0595 【受付】9:00~18:00 【定休】日曜日
メールでのお問い合わせはこちら CLICK

うるま市ってどんなところ?住みやすさ&住まいのお役立ち情報


沖縄県のうるま市は、勝連半島と8つの島からなる自然豊かな市です。そんなうるま市での暮らしはどのようなものなのでしょうか?ここでは、うるま市の基本情報や住みやすさ、そして「住宅のリフォームに関する補助金制度」などについて紹介します。うるま市にお住いの方や、移住を考えている方はぜひ参考にしてください。

那覇市、沖縄市に次ぐ第3の都市!うるま市の基本情報

うるま市は、沖縄本島中部の東海岸(太平洋側)に面した市です。具志川市、石川市、勝連町、与那城町が合併し、2005年に発足しました。人口は約12万6千人で、県内の市町村では那覇市、沖縄市に次いで3番目に多いです。(2022年時点)面積は約87平方キロメートルで、県内の市町村では6番目の大きさ。那覇市や沖縄市よりも広く、比較的ゆったりした都市だと言えるでしょう。勝連半島と8つの島からなるうるま市は、5島が海上の道路(海中道路)や橋で結ばれており、絶景を楽しめるドライブコースとして大人気です。また、世界遺産の「勝連城跡」や植物園「ビオスの丘」など観光スポットもたくさんあります。

自然豊かで優れた住環境?うるま市の住みやすさについて

うるま市は沖縄の第3の都市というだけあり、市内にはショッピングモールなどの商業施設や医療機関といった生活に必要なものがしっかりと揃っています。さらに、大きな公園やビーチもいくつもあり、自然豊かでのびのびとした雰囲気でもあるのが特徴です。隠れ家的カフェや工房(アトリエ)などが多いエリアでもあります。大東建託株式会社が実施した「街の住みここちランキング2021<沖縄県版>」では、沖縄市と同率タイで第4位にランクインしました。(参照:住みたい街 自治体ランキング<沖縄県版>|いい部屋ネット)また、島暮らしをしてみたい人にもおすすめ。伝統的文化や美しい自然に囲まれつつも、海中道路や橋のかかった島であれば、自動車で簡単に市街地や那覇市まで行くこともできます。さらにうるま市は、沖縄の中でも特に「冬も暖かいエリア」。12月でも海で遊んだりスポーツをしたりと、ポカポカとした気候の中で過ごせるのも大きな魅力です。家族連れや子育て世帯はもちろん、一人暮らしや、ちょっとのんびり暮らしたいという方まで、幅広い方におすすめです。

 

●うるま市の島への移住に関しては、市のホームページをご確認ください。

うるま市には嬉しい住宅リフォーム補助がある!

うるま市では、年度によって「うるま市住宅リフォーム支援商品券発行事業」を実施しています。これは、市民の住宅リフォームにかかった工事費に応じて、予算の範囲内で市内の登録店舗の商品券を交付するというもの。現金でなく商品券というのは珍しいですが、その理由はこの事業の目的が「住環境の向上と地域経済の活性化を図る」であるからです。この事業の対象となる施工は、外壁や屋根といった外壁工事、バリアフリー改修などの内装工事など幅広く設定されています。令和2年度には、「250万円」を交付予算額とし、1住宅につき10万円を上限とされていました。ただし、交付には応募が必要で、その他条件もあります。年度によって予算額や内容、条件などが異なるため、詳しくは市の公式ホームページをご確認ください。

 

商工業|うるま市役所

うるま市の対応エリア

赤野|赤道|安慶名|石川|石川赤崎|石川東山|石川東山本町|石川曙|石川石崎|石川伊波|石川嘉手苅|石川白浜|石川楚南|石川東恩納|石川東恩納崎|石川山城|西原|上江洲|宇堅|江洲|栄野比|大田|勝連内間|勝連津堅|勝連南風原|勝連浜|勝連比嘉|勝連平敷屋|勝連平安名|兼箇段|川崎|川田|喜仲|喜屋武|具志川|昆布|塩屋|州崎|平良川|高江洲|田場|天願|豊原|仲嶺|前原|みどり町|宮里|与那城|与那城安勢理|与那城伊計|与那城池味|与那城上原|与那城中央|与那城照間|与那城桃原|与那城西原|与那城饒辺|与那城平宮|与那城平安座|与那城宮城|与那城屋慶名|与那城屋平

家づくりの流れ

  • Step1 お問い合わせ(ご相談・ヒアリング)

    家づくりのスタートです。

    ・お客様の自分たちにあった住まいのカタチ(大きさ・こんな風にしたいイメージなど)を確認していきます。

    ・資金計画(自己資金はいくら?住宅ローン月々の返済は?お客様に合った適正な予算をはじめに把握する事が大切です。)返済シミュレーションをして確認していきます。

    ・総予算計画(建築工事以外にかかる諸費用などを確認し
    住まいのことなら何でもお気軽にご相談ください。

    疑問やご不安なことなどお客様と一緒になって考えていきます。

    お問い合わせ(ご相談・ヒアリング)

  • Step2 現地調査

    お客様のマイホームのベストなプラン作成の為に予定地を調査確認いたします。

    ・敷地の形状・大きさ(建物プランの基本となります)
    ・道路、隣地との高低差等(建物の配置に考慮します)
    ・環境(日照・通風・眺望・プライバシー…。とても大切です。)
    ・その他 法規制や付帯工事・施工条件など

    現地調査

  • Step3 プレゼンテーション・資金計画

    ヒアリングや現地調査を元に住まいのイメージをわかりやくご提案させていただきます。

    ・無料プラン(ラフ平面図・立面図でイメージ・間取り等)などを確認します。
    ・総予算計画・資金計画(プランをもとに予算の確認・把握をします)

    プレゼンテーション・資金計画

  • Step4 建築申込み(仮契約)・詳細の打ち合わせ

    プレゼンテーション・予算を確認してこれから打合せを進めていくのであれば建築申し込み(仮契約)をしていただきます。
    申込み時、申込金をお支払いいただきます。

    その後、地盤調査・プラン・仕様・細かな要望を詰めていきます。お客様がご納得していただくまで打合せをしていきます。

    建築申込み(仮契約)・詳細の打ち合わせ

  • Step5 ご契約

    これまでの打合せで、アーキスがお客様のパートナーとして相応しいとご判断いただけましたらご契約いただきます。

    ご契約後、確認申請など諸手続きを行い、夢のマイホーム工事開始に向けて進めていきます。

    ご契約金をお支払いいただきます。

    ご契約

  • Step6 着工

    いよいよ工事スタートです。

    着工式・地鎮祭を行います。基礎工事~上棟~内装・外装と進んでいきます。工事中の現場を確認することでイメージの確認や新たな要望等いろいろな発見があると思います。

    お施主様の工事中の現場見学大歓迎です!

    着工

  • Step7 完成・お引渡し

    お施主検査や第三者検査が完了しますと、ついに家づくり完成・夢のマイホームお引き渡しとなります。

    ご精算とともに鍵をお渡しいたします。
  • Step8 アフターメンテナンス

    家づくりはお引渡しして終わりではありません。

    アフターメンテナンスを通じて、お客様との本当お付き合いが始まります。

    アフターメンテナンス

よくある質問

  • 沖縄で木造住宅 台風は大丈夫?

    弊社の木造住宅(在来軸組工法)は、剛床(ごうゆか)工法を採用しています。

     

    剛床工法とは根太を設けずに構造用合板の厚みを厚くして直接床梁や胴差に留め付ける床組みで、地震時や台風時に発生する水平力に対して力を発揮します。

     

    また壁面にも構造用耐力面材を使用し外部から加わる力を建物全体に分散して建物の負担を軽減させ、強い耐震性耐風性を発揮していますので沖縄の台風時にも安心です。

  • 沖縄で木造住宅 シロアリは大丈夫?

    シロアリ対策は基礎・通風・点検の3つです。

    1つ目は白蟻の侵入を防ぐべた基礎です。

    (べた基礎にも白蟻対策のできている基礎できていな基礎があります。)

     

    2つ目は建物全体に湿気をこもらせない為の通風です。

     

    3つ目は被害がないか容易に点検できる仕組みです。

    白蟻に関して残念ながら100%の対策はないと思います。

    ですが白蟻の特性を理解して白蟻の好まない環境を整えることで、常に点検できることが白蟻対策として重要だと考えています。

  • 家を建てたいと思っているんですが、何から始めたらいいですか?

    まずはじめに資金計画をする事からおすすめします。

    夢が膨らんで予算オーバーにならないように、適正な予算を把握することが大切です。

     

    私共はお客様の予算の範囲内で家づくりをする義務があります。

    そのために一緒になって資金計画をしていきます。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社ARCHISS. All rights Reserved.